トップページへ

フォークリフト用タイヤについてお答えします!



フォークリフト用タイヤ

フォークリフトには、大きく「リーチ式」と「カウンター式」に分けられます。
それぞれの特徴を比べてみましょう。




リーチ式フォークリフトは、3種類のタイヤから構成されています。

ドライブタイヤ

後部の駆動輪。他のタイヤに比べて大きい。
キャスタータイヤ

後部の駆動輪の補助タイヤ。
ロードタイヤ

前部の左右についてタイヤ。

※リーチ式のタイヤは、エアタイヤ・ノーパンクタイヤの選択はできません。



カウンター式タイヤは、車同様、前・後輪から成っており、タイヤの種類を選択できます。
 
エアタイヤ

・中がチューブ状で、空気が入っているため軽い
・クッション性があり、乗り心地がよい
・パンクする可能性がある
・低価格
ノーパンクタイヤ

・中がゴムでできているので重い
・その名の通り、パンクしないので長持ちする
・カラー(白、緑、黒など)があり、緑や白の床の多い工場などでは汚れが目立ちにくい
・エアタイヤより高価格



タイヤのサイズ

・フォークリフトの重量によって、様々なサイズがあります。
また、メーカーによっては、タイヤのホイールにも様々なサイズがあります。
尚、タイヤのサイズは、タイヤの側面にすべて明記されています。

例)表記の一例



タイヤの交換時期

【エアタイヤ】の場合

タイヤのトレッド部分※1にナイロンコードが見えてきたら、交換しましょう。


【ノーパンクタイヤ】の場合

タイヤの溝が無くなり、つるつるになったら交換しましょう。


※1・・・トレッド部分とは、タイヤの路面と設置する部分のことです。
 
 
運営会社について 利用規約 プライバシーポリシー 掲載業者様募集 お問い合わせ ページ先頭へ
 
  COPYRIGHT (C) LIFTTOWN "CUBIC"ALL RIGHTS RESERVED.