トップページへ

フォークリフトについてお答えします!



フォークリフトの歴史

中世の産業革命などの影響により工業が徐々に発展し、その結果産業や市場が世界規模で展開され、よりスピーディで効果的な流通が必要とされました。動力を備えたフォークリフトはよりスピーディな荷物の積み下ろしを実現が可能になり、その様な流通のニーズに応える事ができる荷役作業車だと位置付けすることが出来ると思います。

フォークリフトは1920年代に複数の会社(エール、クラークなど)で開発されました。それ以後、製造業や卸売り問屋などでは必要不可欠な荷役作業車として今日まで活躍してきました。
現在では大手自動車メーカーの参入により改良そして市場拡大が進み、日本国内だけでも年間
14万台以上生産される巨大な市場にまで成長しました。
主要な国内のフォークリフトメーカーだけでも
8社、海外のメーカーも合わせると数十社になるほどフォークリフト市場は広がりがあり、近年では日本のフォークリフトが国内外のユーザーから高い評価を受けているのが現状です。



フォークリフトの種類


【タイプ】 カウンター式 リーチ式 一般的には前方にフォーク(ツメ)が2本付いており、パレットに差し込んで荷物を持ち運びしますが、ツメの代わりに回転クランプやラムなどユーザーの用途に合わせて別のアタッチメントを付ける事が出来ます。
【重量】
1tクラスの小型な物から10tを超える大型クラスまで多種多様


【動力タイプ】

 ◎ ガソリン

 ◎ バッテリー


 ◎ ディーゼル

※最近では環境に配慮したLPガス式も普及しています。

使用目的や頻度によりユーザーのニーズに合うフォークリフトを幅広く選択することが出来ます。



カウンター式とリーチ式フォークリフトの違い


カウンター式 リーチ式
外見の違い 座るタイプ 立って乗るタイプ
特徴 運転操作が車とほとんど同じ。(但し、ハンドルをきると後ろのタイヤがきれる ペダルを放すことでブレーキが作動する(デッドマンブレーキ)
エネルギー源 バッテリー
仕様用途 屋内専用(平坦で滑らかな地面)、狭いところ
名前の由来 Counter=反対や対立
正式にはCounter-balance forkliftカウンターでバランスのフォークリフト、反対で均衡を取るフォークリフトと言われる。


前方に重い荷物を載せた場合、前方に荷重が掛かる。前後のバランスを取る為には後方にも荷重が必要になる。それでカウンター式にバランスをとるフォークリフトという訳である。
Reach=ある場所や目的地などに到着する、目的などを達成する、手や腕などを伸ばす


リーチすることが出来る、狭い場所などに手や腕などを伸ばすことの出来るフォークリフトという訳である。

 
 
運営会社について 利用規約 プライバシーポリシー 掲載業者様募集 お問い合わせ ページ先頭へ
 
  COPYRIGHT (C) LIFTTOWN "CUBIC"ALL RIGHTS RESERVED.